埼玉の各地にある独特な地形

埼玉にも崖線が存在するため、低地と台地の境目には大規模な崖が形成されていることがあります。御成橋の付近の荒川は、左岸側が大宮台地の地形になっています。鴻巣市の付近を流れる荒川は、江戸時代以降に作られた人口の河川ですが、大宮台地の崖を堤防として利用しているのです。

 

寄居町では河岸段丘の地形が特徴で、堤防がなくても安全な状態になっています。羽生市や加須市の周辺では、崖というほどに急峻な地形はありませんが、利根川沿いには自然堤防が作られています。自然堤防は荒川の下流部にもありますが、微高地には古代の遺跡が残されていることがあります。

 

埼玉には火山はありませんが、山の景色は大変に見事なものです。石灰岩で構成される武甲山は、埼玉を代表する名山の一つです。深谷市にある仙元山は、荒川の侵食にも耐えた残丘であり、今では地域のランドマーク的な存在になっています。狭山丘陵の地域については、武蔵野台地の独特な地形も魅力的になっています。


公認会計士

公認会計士に関する様々な基礎知識をご案内しています。
www.kouninnkaikeishi.info/